コロナ対策 自宅でできるオンラインヨガまとめ

ヨガインストラクターは未経験でもなれる?ヨガ初心者がやるべき10こ

ヨガインストラクターは未経験でもなれる?ヨガ初心者がやるべき10こ

この記事は、ヨガ未経験・初心者でもヨガインストラクターになる方法を知りたい方向けの記事です。

ヨガのレッスンを受けたり、健康的で美しいヨガインストラクターさんを見て、「私もヨガインストラクターになりたい!」と思ったことがある方は多いのではないでしょうか。

その時に気になるのは「未経験からでもなれるのか」という点ですよね。スクールで資格を取得しても、その後実際にお仕事ができるのかも気になりますよね。

かやんぬ

私は、自分もヨガ経験が浅い段階からヨガインストラクターになり活動した後、ヨガの資格を発行する講座を運営したり、ヨガスタジオの立ち上げ・運営に関わるなど10年以上ヨガ業界で働いてきたので、その経験をもとにお伝えします。
この記事でわかること
  • 未経験からヨガインストラクターになる方法
  • ヨガインストラクターのお仕事のメリット、デメリット
  • ヨガインストラクターというお仕事の現実

ヨガインストラクターは未経験でもなれる?

結論から言うと、ヨガインストラクターは未経験からでもなることができます。

多くのヨガスタジオやスクールが、初心者やヨガ未経験者でも参加できるヨガの先生になるためのTTC(ティーチャー・トレーニングコース)などの資格講座を開講しています。

なぜ、未経験でも参加できるのでしょうか?

未経験から参加できる資格講座が開催されている理由
  • 良いヨガインストラクターになる為に必要なのは、柔らかい体や長いヨガ歴、技術だけではない
  • ヨガインストラクターになってから経験を積むことが大事
  • どの講座でも指導法を学ぶ前に必ず「ヨガとは?」の基礎を学ぶので未経験でも可能

今はヨガ未経験、初心者でも大丈夫。この記事を読んで、ヨガインストラクターを目指して夢を叶えてみませんか。

ヨガインストラクター:未経験から目指す方法

未経験からヨガインストラクターを目指すにはどういう方法があるのでしょうか。

ヨガインストラクターになるための資格講座や教室は都市部を中心に多く開催されています。どこを選んだら良いのか、どう学んでいったら良いのかお迷いの方も多いのではないでしょうか。

それでは、未経験からヨガインストラクターを目指す方法はどういうものがあるのか、また、その方法はどういう人に向いているかも、メリット、デメリットとともにご紹介いたします。

未経験から目指す方法1.社員やアルバイト枠に応募する

流派やヨガのスタイルにこだわりがあるわけではなく、安定した生活を望む人におすすめの方法が、社員やアルバイト枠に応募することです。

社員やアルバイトといった働き方は比較的ホットヨガスタジオでよく募集されています。

採用されると働きながらヨガを学べるので近道です。

社員やアルバイト枠のメリット
  • 安定した収入を得られる
  • 社内研修が充実している会社なら、未経験から無料でRYT200を取得してヨガインストラクターになれる
  • 資格取得、研修後にレッスンをする場所も提供される

社員やアルバイトで採用されることは、ヨガインストラクターへの最短ルートです。

社員やアルバイト枠のデメリット
  • 他の場所・スタジオではレッスンができない可能性がある
  • その企業に合わせたヨガを学び指導することになる
  • ヨガレッスン以外に受付や物販を担当することもあるほか、ノルマがあることも
  • 残業が多い会社も

ヨガインストラクターとして目指したいイメージが明確にある方はもどかしさを感じるかもしれません。

またヨガレッスンのみをしたいと考えている方にとっては向きません。

社員やアルバイト枠が向いている人
  • 安定した収入がほしい
  • 実際にヨガインストラクターとして活動するまで最短ルートでいきたい
  • 受付や運営など裏方も学びたい

未経験から目指す方法2.ヨガの資格を取得

未経験でも学びたい流派がある方や、専門性を高めたい方におすすめするのが資格の取得です。その流派独自の資格やRYT200など、資格にも種類があるので自分にあったものを選びましょう。

ヨガの資格取得から始めるメリット
  • 先生や流派、学ぶスタジオを自分で選べる
  • 仕事をやめずに自分のペースで学べる
  • 資格取得後には副業でヨガインストラクターとして活動することもできる
  • 専門性の高い資格であればクラスを開く時にアピールできる
ヨガの資格取得から始めるデメリット
  • 資格取得にお金がかかる
  • 資格取得後に、安定した収入に繋がるかどうかがわからない

ヨガの資格取得にはお金がかかりますが、自分で通いたい先生やスタジオ、ヨガのスタイルを選べるなど、自由度が高いところが魅力です。

ヨガの資格取得から始めるのが向いている人
  • しっかりと学びたい、自分のペースで学びたいと考えている方
  • 流派やヨガのスタイル、先生にこだわりがある方
  • 資格取得後にフリーランスでヨガインストラクターになりたい方

未経験から目指す方法3.先生に付いて学ぶ

この先生から学びたいという方がいる人におすすめの方法が、先生に付いて学ぶことです。

先生について学ぶとは、ヨガの本来の「師弟関係」の学び方です。

「弟子を募集しています」と公募している先生は少ないですが、好きな先生のクラスに何度も何度も通っているうちに「うちでクラスをやってみない?」「もっとヨガを学んで先生にならない?」と声をかけられるケースがあります。

かやんぬ

もしくは本当にその先生から学びたいのであれば、「先生から学ばせてください」と直談判するのも有りです。
先生に付いて学ぶメリット
  • 憧れの先生から直々に技術や知識を学ぶことができる点
  • 認められたらその先生の教室でレッスンができる
  • 弟子として教室をオープンする道も
先生に付いて学ぶデメリット
  • 先生に認められるまでに時間がかかる
  • 将来的にその先生から離れることになった時に道に迷う可能性があること
  • 独立した時にヨガインストラクターとして生きていけるかは全て自分次第

それでも、素晴らしい先生に付くことができたらヨガスクールなどでは学べない独自の指導法や深い知識、ノウハウを学べる可能性もあります。

ヨガの資格取得から始めるのが向いている人
人間性やヨガ指導者としての心構えなども学べるので、心に決めた先生がいる方にはおすすめ

ヨガインストラクター未経験者の仕事:社員やバイトで働く場合

未経験から、社員やアルバイトで働く場合はどういう業務をおこなっていくのでしょうか。

未経験で社員やアルバイトとして採用された場合、いきなりヨガインストラクターからではなく、補助的なお仕事、雑用に感じることから始まることがほとんどです。

どういうお仕事から始めるのか、また、どういう意味があるのかを知った上で取り組むことで大きな学びになります。

かやんぬ

それでは、実際にお仕事内容を見ていきましょう。

未経験からの仕事内容1:ヨガスタジオの清掃・管理

未経験で入社した場合、清掃やプロップ類の管理のお仕事始まることが多いでしょう。

生徒さんやお客さんのために、オープン前の清掃、レッスン後の清掃、レンタルマットの清掃や消毒、プロップ類の管理、ゴミ捨て、トイレ掃除などをおこないます。

「ヨガインストラクターになりたいのに雑用ばかり」と感じるかもしれません。ところが、清掃や管理は単なる雑用ではなく、まさにヨガの基本といえるお仕事なのです。

ヨガには「シャウチャ(清浄)」という言葉があります。簡単にまとめると、体や心、言葉、思考までもきれいにしていくことです。いきなり思考をきれいにすることは難しいので、目に見えるところから始めるのです。

それを忘れずに前向きに取り組んで自身の成長に繋げましょう。

かやんぬ

私が資格取得で通ったヨガスタジオでは「カルマヨガ(行動のヨガ)」として、スタジオの清掃や準備は生徒の仕事でした。

未経験からの仕事内容2:フロント業務

フロント業務は単なる接客ではなく、取り組み方次第で大きな学びを得られるお仕事です。

何も考えずにフロント業務をおこなうと、ただ接客するだけと感じるかもしれません。

ヨガインストラクターとして活躍することを目指すなら、短い対応時間で生徒さんの顔と名前を覚え、体調を観察したり、生徒さんを理解する練習の場として考えることができます。

生徒さんが気持ちよくヨガを受けられるようにコミュニケーションを取ることは、レッスンを担当するようになってから必要な、重要なスキルです。

生徒さんを理解するように取り組み、気持ちの良い対応を心がけていると学びあるお仕事となるでしょう。

未経験からの仕事内容3:ティッシュ配りなど集客

未経験からヨガインストラクターを目指す場合、駅前でティッシュ配りをするのは「したいこととは違う」と感じる方も多いのではないでしょうか。ところが、これも大きな意味のあるお仕事です。

ティッシュ配りは集客のためにおこなうものですが、ヨガインストラクターになるにあたり、集客の重要さ、大変さを知っておくことはとても大切です。

時々「自分でお客さんを集めなくていいからヨガスタジオやスポーツクラブでレッスンを持ちたい」というヨガインストラクターがいます。

ですがこういったヨガインストラクターを雇いたいと思うオーナーは少ないでしょう。

かやんぬ

スタジオを運営している私の友達も、「一緒にスタジオを盛り上げてくれる、集客も頑張ってくれるヨガインストラクターさんと働きたい」といつも言っています。

「集客」とは、世の中の人に、そのスタジオの存在、あなたの存在を知ってもらうことです。どんなに素晴らしいヨガインストラクターでも、知っていただかないことには誰も参加しません。

ティッシュを渡す一瞬に好印象を与えられる人は、ヨガインストラクターになってからも強いといえるでしょう。

未経験からの仕事内容4:ヨガレッスンの指導

レッスンを担当できるようになったら、ヨガインストラクターのお仕事が始まります。

知っておくべきことは、正社員やアルバイトで雇用される場合には、クラス内容は指定されていることがあるということです。そこで残念に思うのではなく、喜んでください。ここにも大きな意味があります。

なぜなら、未経験者からヨガインストラクターになったばかりでも、一定以上の効果が出て、生徒さん達にご満足いただける内容が用意してもらえているからです。

「マニュアル通りのレッスンは誰がしても同じ」とお感じになるかもしれません。ところが、そうではないのがこのお仕事の面白いところです。

みんながマニュアル通りにレッスンをおこなっても、全く同じレッスンになることはまずありません。

先生の声や持っている雰囲気によって、受け手(クラスの参加者)にとっては別の感じ方をするのがヨガです。

マニュアル通りのレッスンをした結果、出てくる良さがあなたの個性であり、最高の強みになります。

決められたプログラムをおこなうことで自分を学ぶ良い機会と考えて大切に向き合いましょう。

ヨガインストラクター未経験者の仕事:資格取得や先生から学ぶ場合

次に、学びたい流派や取得したい資格が決まっている、または学びたい先生がいる場合について説明します。

未経験から取得できる資格は多くありますし、先生につく場合は余計な知識が邪魔しないので未経験の方が学びやすいこともあります。

また、社会経験豊富な方であれば、ヨガインストラクター経験がなくても、資格取得をして自分で活動する方が早い場合もあります。

それぞれのメリット、デメリット、学んだ後にどういう場所でレッスンを担当していくのか、どういう働き方があるのかも順番に紹介していきます。

未経験からの仕事内容1:ヨガレッスンができる場所を探す

未経験から資格取得や先生に付いてヨガインストラクターになった場合、まず自分でレッスンができる場所を探すことから始める必要があります。

経験がない内は「自分で場所を探すなんて難しい」「大変そう」と感じるのではないでしょうか。

かやんぬ

ハードルが高く感じるかもしれませんが、少しの行動力があれば、それほど難しいことではなく誰にでもできることです。

ここでは、レッスンをする場所を探す場合にどうすれば良いのかを合わせて紹介していきます。

未経験からの仕事探し1:業務委託

業務委託とはヨガスタジオやスポーツクラブと「1レッスンいくらで担当」といった契約を結んで、レッスンをおこなうことです。

ですが、業務委託の情報はなかなか求人情報雑誌などでの公募は少ないものです。

かやんぬ

気になるヨガスタジオや教室のウェブサイトに掲載されていることもありますが、掲載がなくても直接交渉をしてみるのもオススメです。

また、ヨガスタジオだけがレッスンの場ではありません。

ジムやカルチャースクールなどでも、ヨガの先生を探していることはよくあります。断られて当然という気持ちで問い合わせしてみましょう。

ポイント
契約する時は内容をよく確認し、時に金額交渉も必要になるので慎重さも必要です。

参加者が少ないレッスンが続くと契約終了もあり得るので、自分を客観的に見て、適切な内容で契約していくことが必要です

未経験からの仕事探し2:自主開催

未経験から資格取得や先生について学んだヨガインストラクターに目指していただきたいのが、自主開催です。

自主開催は、自分で会場を探して生徒さんを集めてヨガレッスンをおこなうやり方です。

自主開催の候補場所
公民館などの場所をレンタルするほか、カフェやお寺、美容室、エステサロン、温泉などでも身体を動かすスペースがあればヨガレッスンをおこなうことができます。

かやんぬ

カフェやエステサロンなど、既にお客さんがいる場所を借りることができれば、そこのお客さんがレッスンに参加してくれることもあります。

自主開催をすすめる理由は3点あります。

自主開催がオススメな理由
  1. 自分が伝えたいことを伝えられるレッスンができる
  2. 集客次第で収入に上限がない
  3. 様々なスキルや能力を必要とされるので大変ながらも一番成長できる

イベント企画をしたことがない人には難しさを感じるかもしれません。ただ、今はインターネットでレンタルスペースを簡単に探せますし、自宅でおこなうことも可能です。告知もSNSですることができます。

すべて自分の腕にかかっているので、毎回良い結果が出るとは限りません。ただ、経営的センスを学べて、やりがいがあるのが自主開催です。

未経験からの仕事内容2:ブログ運営やSNSでの集客

ブログ運営やSNSでの集客は全てのヨガインスラクターとして活動する上で必要なことです。

社員やアルバイトでも規約違反しない限り、ブログやSNSで発信することは大切です。自分の存在を知ってもらうことで、集客に繋がる大切な活動です。

業務委託や社員として会社やスタジオに所属している方でも、自分で集客できるヨガインストラクターは雇用主に重宝されることは言うまでもありません。

ましてやどこにも所属しないヨガインストラクターであれば、日頃から積極的にブログ運営やSNSで発信していくことが必用です。

また、自分の発信を楽しみにしている人が増えてくると、ヨガインストラクターとしてのモチベーションも高く保つことができます。

未経験からの仕事内容3:ヨガレッスンの指導

そしていよいよヨガレッスンを開催するようになった時に必要なのが、入念な準備とその場のライブ感を大切にすることです。

ヨガレッスンで大切にすべきこと
  • 準備:レッスンのテーマやおこなうポーズ、順番はもちろん。情報量や伝え方、喋り方、時間配分などを確認しておくこと
  • ライブ感:準備していたことを機械的に進めるのではなく、参加者を見ながら必要に応じて柔軟に対応すること。予想できる質問や、予想外な展開もイメージしておくと良いでしょう

先生について学んでいる場合は、その先生の教えに沿った内容でおこなう必要があります。

ヨガインストラクターとして活動できるのはその先生のお陰です。先生とその知識に敬意と感謝を持ちながらレッスンをするようにしましょう。

ヨガインストラクター未経験者がやるべきこと10こ

未経験からでもヨガインストラクターになれること、その方法などを紹介してきました。ヨガインストラクターになってからどう活動していくのかをイメージできたのではないでしょうか。

実は、求人に応募したり、資格取得の講座に通ったりする前の、今からできることもたくさんあります。

かやんぬ

それでは、今何をしておくと将来ヨガインストラクターとして活躍する時に良いのか、実践面としてすべきことを紹介しますね。

未経験者がすべきこと1:ヨガのレッスンに通う

未経験者がヨガインストラクターを目指す時にまずするべきことは、言うまでもなくヨガのレッスンに通うことです。

これは映像やオンラインではなく、直接教えてもらえるリアルな場でのヨガレッスンを指します。

ヨガは写真を見て似たポーズができれば良いというものではなく、身体の使い方、呼吸の仕方、力の抜き方なども大切です。

そのため、そのポーズが効果的におこなえているかどうかは本や映像だけではわかりません。

実際のレッスンではアジャスト(ポーズの修正)をしてもらえるほか、自分にあった練習法を教えてもらうこともできます。

かやんぬ

ヨガインストラクターさんが適応力がある方なら、あなたに合わせてレッスンをおこなってくれるので、初心者向けの対応をしてくれるなど、写真や映像では学べないことが学べます。

それだけでなく、ヨガインストラクターを目指すのであれば、言葉の使い方、伝え方も全て学びになるのでレッスンに通うことから始めてみましょう。

未経験者がすべきこと2:学びたい、憧れの先生を見つける

未経験でヨガインストラクターを目指す場合、目標になる憧れの先生を見つけることは重要なことです。それでは、どうやって見つけると良いのでしょうか。

これは実際にレッスンに通っていると、何度も通いたくなるレッスンや、会いたくなるヨガインストラクターがわかるので難しいことではありません。大切なのはヨガのレッスンを受けに行くことです。

憧れの先生を見つけたら自分が学ぶべきヨガ、目指したいヨガインストラクターの道も自然に定まります。

また、その憧れの先生の立ち振る舞いや言葉の使い方なども含めて大きな学びとなるでしょう。

未経験者がすべきこと3:志望動機を明確にする

未経験からヨガインストラクターを目指す場合、なんとなく目指すのではなく、志望動機を明確にすることも必要です。

自分はどういうクラスをしたいのか、何故ヨガインストラクターになりたいのかという志望動機がはっきりしていると、学ぶべきことも明確になります。

曖昧なイメージだと資格コレクターになってしまい、何に強いヨガインストラクターなのかぼやけてしまうこともあります。

かやんぬ

ヨガインストラクターの資格保持者はたくさんいます。「モテそうだから」「かっこいいから」というだけの志望動機で始めた場合、辛いことがあった時にすぐに挫折してしまいます。

ヨガインストラクターになりたいという志望動機は、活動を続ける上でのエネルギーになるので明確にしておきましょう。

未経験者がすべきこと4:どんなヨガインストラクターを目指すか

志望動機が定まったら、何を学ぶべきかが決まります。また、道を決めたらある程度腰をすえて勉強することをおすすめします。

生徒さん達は「体の使い方がわかりやすい」「深くリラックスする」「知識が豊富」「会うと安心する」など、自分にとって魅力のある先生のところに集まります。万人に好まれるヨガインストラクターを目指すより、何かに特化して強い方が仕事を探す時にも強い武器となるからです。

目標を見失わないように、ヨガインストラクターになってからも目標を明確にしておきましょう。

明確な目標に向かって学び続けられるインストラクターの元には、いつも生徒さん達が集まるようになるでしょう。

未経験者がすべきこと5:どの方法でインストラクターを目指すか

なぜヨガインストラクターを目指すのか、どんなインストラクターになりたいのかが明確になったら、どの方法で目指すかを考えてみましょう。

迷うようであれば、憧れの先生にどのように学んだか聞いてみるのも一つです。大抵の先生は自分が学んだスクールや、自分の先生について快く教えてくれることでしょう。

未経験からヨガインストラクターを目指す場合、どう学ぶのか、どの先生に付くかはとても大切なことです。

また、この時点では予算や期間を見て比べることはしないことをおすすめします。

自分の夢を実現するため真剣に考えて決めるようにしましょう。

未経験者がすべきこと6:スケジュールや予算を組む

未経験からヨガインストラクターになることを決意したら、予算やスケジュールを組んで具体的に進めていく段階です。

正社員やアルバイト枠を狙うのであれば、求人を見て応募することから始めます。これは応募したら面接などスケジュールが自然と決まっていくので難しいことではありません。

資格取得をする場合は、TTC(ヨガティーチャートレーニング)や資格講座を探して期間と予算を確認しましょう。無理のない予算とスケジュールで学べるようにすると安心です。

ただ、予算やスケジュールは大切ですが、「安価で短期間」を優先させると、自分がなりたいイメージから離れてしまうこともあります。目標に対して現実的かどうかを慎重に考えて、最善の選択をすることが大切です。

具体的なことを確認して計画を立てることで、夢は現実的な目標となっていきます。

未経験者がすべきこと7:日常的に役立つ情報発信をする

未経験者からヨガインストラクターを目指す場合、日頃からサイトやSNSで情報発信をする習慣を身につけておくことをおすすめします

情報発信とは、読み手にとって役立つ情報を発信することです。ヨガインストラクターを目指すのであれば、健康や体のこと、生活に密着した内容から始めると良いでしょう。

ヨガインストラクターになってからも、日常的に発信できる人は学びを身につけていきやすいので、継続することをおすすめします。

また、ブログやSNSを通して集客できるようになると、レッスンができる場所に困らなくなっていきます。

雇われていても重宝され、自主開催もいつでも開けるようになります。サイトやSNSで日常的に役立つ情報を発信していくようにしましょう。

未経験者がすべきこと8:日常の練習や勉強をおこたらない

ヨガインストラクターになる前から日常的にヨガの練習や勉強を習慣化させておくことをおすすめします。

言うまでもありませんが「未経験からヨガインストラクターになること」がゴールではありません。なってからも、ヨガインストラクターである限りポーズの練習や勉強は日常的に続ける必要があります。

かやんぬ

国内外の著名なヨガの先生とお仕事してきましたが、すごい先生はみんな必ず勉強熱心で、どんな質問にもすぐに答えてくださいます。

ヨガの練習や勉強を自分のために、生徒さんのために楽しみながら続けて、ヨガインストラクターとして成長し続けられるようにしましょう。

未経験者がすべきこと9:家族や友達を相手にレッスンをする

ヨガインストラクターになったら、まず家族や友達にレッスンをすることをおすすめします。

理由は2点あります。

まず家族や友達にヨガレッスンをすべき理由
  1. 駆け出しのヨガインストラクターにとって大切な「経験」を積むことに繋がる
  2. ヨガの目的は大きな目で見ると「幸せになること」だから。家族や友達がヨガで元気になることは本人にとって幸せなことです。また、それで喜んでくれる姿を見ることはあなたにとっても幸せなことです。

ヨガインストラクター未経験者は、まず大切な人に向けて積極的におこなっていくことをおすすめします。

未経験者がすべきこと10:レッスン後には必ず振り返りと反省をする

レッスン後はほっとして、次のレッスンに向かいたくなるかもしれません。でも、そこで立ち止まって振り返って反省をする時間を作りましょう。

具体的にはインストラクション(言葉での誘導)を間違えた所や、良くなかった点を書き出すことをおすすめします。そして、なぜ間違えたのか、どう改善できるのかも書き込みます。

反省点がわからない場合は自分のレッスンを録音して、聞きながら生徒目線で受けてみるのも一つです。また、アンケートで意見を求めるのも良い案です。

また、良かった点も書き出してみましょう。生徒さんからの喜びの声なども一緒に書いておくことで、自分の得意分野や強みが見えてきます。

自分の成長のためにも、レッスン後は必ず反省点と良かった点を振り返りましょう。

未経験でもヨガインストラクターに正社員で採用されるためのポイント

それでは、未経験からヨガインストラクターに正社員で採用されるにはどのようにすれば良いでしょうか。

募集要項を見て年齢や経験などに当てはまらないこともあるかもしれませんが、そのスタジオ、企業が求める人材であれば採用されることもあります。

どういう人が未経験でも正社員として採用されやすいのか、気になるところではないでしょうか。ここでは採用されやすい人の特徴や、面接でのポイントも合わせて紹介していきます。

未経験で雇われる方法1:元気で明るい

すでに活躍しているヨガインストラクターのタイプは様々です。

元気なタイプから、神秘的なタイプ、凛とした雰囲気の方まで十人十色ですが、正社員で採用されやすい人は癖が少なくて元気で明るい人です。

一般的にはヨガスタジオや企業カラーに合った人や適応できる人が求められます。また、接客できる人が求められるので、元気で明るい人材が採用されやすくなります。

面接では、相手まで元気になるような明るさで、笑顔ではきはき話すようにしましょう。

未経験で雇われる方法2:きつい仕事でも耐えられる根性がありそう

ヨガスタジオの仕事は体力仕事に加えて気配り力も必要です。よって、未経験からでも採用される二つ目のポイントは根性がある人です。

未経験から採用された場合、ヨガインストラクターからではなく、スタジオやマットの清掃やプロップの管理から始まります。予約管理や顧客リストの整理など、データを見て細かい作業や、時にはクレーム対応もしなくてはいけません。

基本的にはストレス耐性が高く、色んな仕事を前向きに取り組める人が求められています。

面接では自分が今までの仕事で難局を乗り越えた経験など、根性があるところをアピールしましょう。

未経験で雇われる方法3:コツコツ努力できる

未経験から雇われるポイントの三つ目としては、コツコツ努力ができる人です。

最初に与えられる仕事は清掃など、誰にでもできることが大半です。それが毎日、何回も続いていきます。途中で手を抜いたりせず、同じことでもきっちりと行える人は重宝されます。

なぜなら、「ヨガ」自体がコツコツと努力を重ねていく生き方が必要とされるものだからです。

面接では長年継続している勉強や日課、学びなどを伝えることも大きなアピールとなるでしょう。

ヨガインストラクター未経験者が知っておくべき:仕事の実態

未経験からヨガインストラクターを目指した場合、レッスンができるようになることがゴールではありません。大切なのはその先です。

実際にレッスンをおこなうようになってからの実態を知っておくことは大切です。

お仕事をはじめてから「イメージしていたのとは違った」とストレスを抱えてしまったり、途中で投げ出してしまっては元も子もありません。

ここではヨガインストラクターのお仕事の実態と、直面しやすい問題、そしてその対策を説明していきます。

仕事の実態1:レッスン数が多い=体力的にきつい

正社員の場合はレッスンの本数が増えていきます。業務委託でも収入を考えて本数を増やす人がほとんどです。

ここが習っていた時の感覚と大きく変わってくるところで、多くの方が最初の壁にぶつかります。

その壁とは体力的な問題です。生徒の立場では、1日に複数回レッスンを受けられると考えるかもしれませんが、教える立場になるとレッスンをする度に体力、気力を消耗していきます。

なぜなら、レッスン中、生徒さん達に常に怪我がないように注意しながら、居心地が良い雰囲気で口頭でガイディングし続けることは、大きなエネルギーを必要とするからです。

対策は生活を正してスケジュール管理をしっかりおこなうこと、日々の練習や瞑想もおこなって体力、気力を充実させることです。

ヨガの知識を活かした生活は、体調を保つには最適だといえるでしょう。

仕事の実態2:働き方に関係なく人気商売

シビアなお話になりますが、未経験からヨガインストラクターを目指す方は、このお仕事は人気商売だということを知っておきましょう。

なぜなら参加者がいないとレッスンは成り立たないからです。

日本では多くのヨガインストラクターが活動しています。その中でレッスン代を払って参加したいと思えるクラスや、忙しいスケジュールの中、会いたいと思う先生のところに生徒は集まります。

それでは、どうすれば良いのでしょうか。答えはひとつ、あなたならではの魅力を磨くことです。

それは、ポーズの教え方が上手なことかもしれませんし、リラックスさせられる、豊富な知識かもしれません。

自分の魅力がわからない内は、家族や友達に無料のクラスを行ったり、ボランティアでクラスを行ってアンケートを取ったり、自分の先生や先輩に客観的な意見を求めるのも良いでしょう。

ヨガインストラクター未経験者に伝えたい魅力3つ

シビアなことも含めて、ヨガインストラクターのお仕事の現実を紹介してきました。厳しい現実に驚かれた方もいらっしゃるかもしれませんが、このお仕事の魅力はそれを上回るものでもあります。

具体的にはどういう魅力があるのでしょうか。それを知ると、未経験からでもヨガインストラクターを目指す価値があることがおわかりになるでしょう。

それではヨガインストラクターというお仕事の魅力を3つ、順番にお伝えしていきます。

未経験者に伝えたい魅力1:働き続けることができる

未経験者にお伝えしたいヨガインストラクターという仕事の魅力の一つ目は、働き続けることができることです。

正社員は年齢の制限があるかもしれませんが、業務委託や自主開催には定年がありません。知識と経験を活かして働き続けることができるのです。実際、70代どころか90代の先生も活躍されています。

学びを重ねていれば、年齢的に自分でポーズが取れなくなってもクラスは行えるのです。

なぜなら、ヨガとは、長年学びを深めた先生であれば知識を伝えたり、その生き方を見せることが大きな教えとなるからです。

年齢を重ねることは経験や知識を積み重ねることでもあります。ヨガインストラクターは歳を重ねることがデメリットにならないお仕事です。

未経験者に伝えたい魅力2:喜んでくれる人が見れる

未経験者にお伝えしたいヨガインストラクターの魅力の二つ目は、喜ぶ人たちを見ることができることです。

長く教えていると、人生レベルでの嬉しい変化の報告をしてくれることがあります。

引き篭りがちの人から「また働こうと思って就職活動を始めた」など、その人の人生を前向きにするきっかけになれることもあるのです。

人気商売で体力仕事なので厳しい仕事でもありますが、返ってくる生徒さんの喜びは、何より幸せな気持ちにしてくれるご褒美となります。

未経験者に伝えたい魅力3:年を重ねるほど生徒さんが増える

未経験者にお伝えしたいのヨガインストラクターの魅力の三つ目は、年を重ねるほど生徒さんが増えていくということです。

生徒さん達には常連さん、休みがちな方、やめてしまう方もいて様々です。1年単位で見ると生徒さんの数が減ってしまい落ち込むこともあるかもしれません。

ただ、一喜一憂するのではなく、長い目で見ると出会った生徒さんの数は年々増えていくものです。

ヨガインストラクターが日々を大切に練習し、学び続けて良いレッスンをおこなっていると、一度離れていた生徒さんが帰ってくることもあります。

よって、年を重ねるほど結果的には生徒さんは増えていきます。

ヨガインストラクター未経験者からのよくある質問

未経験からヨガインストラクターを目指せることや、このお仕事のメリットやデメリット、魅力をおわかりいただけたのではないでしょうか。ただ、実際にヨガインストラクターを目指すとなると、疑問は色々と出てくることでしょう。

ここでは、未経験からヨガインストラクターを目指す人達からよくいただく質問についてまとめてみました。

順番に質問の答えとその理由とともにお答えしていきます。

よくある質問1:体が硬いですがヨガインストラクターになれますか?

体が硬くてもヨガインストラクターになれます。

なぜなら、ポーズの完成形を作ることと、ヨガを教えることは別だからです。また、ヨガの目的は難しいポーズを取ることではないことを知っておいてください。

もし体が硬いのであれば、自分の強みがわかりやすいので喜びましょう。なぜなら、柔らかくなっていく過程や効果を体験できるので、体が硬い人に教えるのが上手なヨガインストラクターになれる可能性があるからです。これは生まれつき柔らかい人には体験できないことです。

よくある質問2:ヨガインストラクターには年齢制限がありますか?

未経験からヨガインストラクターを目指す場合、年齢制限も気になるのではないでしょうか。答えは、年齢制限はないと言えます。

未経験から正社員を目指す場合は、雇用主が定めた年齢制限があるので若い方が有利といえます。

しかし、フリーランスや業務委託の場合はありません。更に、社会経験が豊富な40代以上の人の方が有利なことも多くあります。

また、高齢者向けのクラスであれば、自分たちに年齢が近い先生の方が安心して受けてくださることもあるので50代からヨガインストラクターを目指すことも可能です。

ライフステージに合わせて働き方を決めることで、ヨガインストラクターのお仕事の年齢制限はなくなります。

よくある質問3:資格は取るべきですか?

資格取得をすると、ヨガインストラクターとしては未経験でも、何を教えられるかをアピールできるので有利になります。また、基本を学んでいることが伝わるのでお仕事も得やすくなるでしょう。

正社員やアルバイトで採用されると、研修期間で資格取得できるスクールで学ぶこともあります。また、その企業独自のプログラムがある場合は、資格がなくても研修だけでお仕事をすることも可能です。

正社員やアルバイトではなく、フリーランスなどでヨガインストラクターを目指す場合、学びたいことが明確にある場合は、まず資格の取得をお考えるになることをおすすめします。

ヨガインストラクターを未経験から目指す方法:まとめ

未経験からヨガインストラクターを目指す方法や、お仕事について紹介してきました。誰でもヨガインストラクターを目指せることをおわかりいただけたのではないでしょうか。

お仕事を始めてからも練習や学びの継続が欠かせないこと、人気商売という現実を知って尻込みされた方もおられるかもしれません。しかし、ヨガインストラクターは正社員、副業、身近な人にだけおこなうなど、自分に合った働き方があります。

また、このお仕事の魅力を知っていると練習や学びも苦ではなく、日々の楽しみとなります。その積み重ねがヨガインストラクターとして成長させてくれることでしょう。

あなたも未経験からヨガインストラクターになるために、一歩を踏み出してみませんか。